北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!
2012年 06月 21日

大事な恩師であり、ex-partnerでもあるあなたへ。

2012年6月20日(水)
私がいるバルセロナは、初夏の清々しい陽気です。
あなたのいる鎌倉は、梅雨入りのしっとりとした陽気でしょうー。
そんな中あなたは逝ってしまいましたね。
昨夜は鎌倉も大荒れの天気だったようで、その嵐とともにあなたは去ってしまったのですか?

お酒とタバコが大好きで、クールな表情で美女に迫る。
知的なシャレで、私たちをよく楽しませてくれました。
オシャレが好きでしたね。
大きな勢力が嫌いでしたね。
自然が大好きでしたね。
動物や昆虫、花や植物が好きでしたね。
本が大好きでした。
原発に反対してましたね。
3.11後は特にあなたの体力の多くをそこへの反発に注いでいたようにみえました。
戦うには体力がなさ過ぎました。
あなたの死とともに、原発が再稼働されない事を祈ります。

開成のお友達とは強い絆で結ばれていましたね。
そして鎌倉のお友達には支えてもらったり支えたり。

私は沢山のことを与えてもらいました。教えてもらいました。
やさしさも強さも。
わたしは何かあげることが出来たでしょうか。

ありがとう。ごめんなさい。ありがとう。

美和

(写真:バルセロナ)







■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2012-06-21 16:04 | my life
2012年 02月 12日

「放射能からいのちを守る全国サミット」@福島

現在、福島市のコラッセふくしまで開催している「放射能からいのちを守る全国サミット」(2月11日・12日)。いま全国に拡がる支援者・支援団体を繋ぎ、課題や情報を共有し、今後の継続的な活動のために一つの大きな力にしようというもの。参加者は6割強が県外から。
私が参加した11日は、県内外の支援者がこれまでの活動事例を紹介。その後、分科会、パネルディスカッションへと続いた。

今福島に留まっている人たちの中には、県外へ出たくても出られない人も多い。そんな方達が福島と向き合い生活していくにはどうしたら良いか、支援者は何をしたらよいのか。一時的な保養も精神的・肉体的にもたらす効果は大きい。特に子どもはそう。
今だけの支援に留めず、今後長きに渡り活動を継続していく為の体制作りなども必要。国が主体となって動く事も必要。
何より、心細いのは現地の人たち。こうしている時間も。そのような人たちと繋がりを閉ざさず、課題を共有していく場作りも継続して必要。参加した福島在住28歳の(本人曰く)女子は「人と繋がる事で救われた」と。

実行委員長の挨拶。(県外の方へ)今の生活を謳歌して欲しい。そして福島の存在を忘れないで欲しい。受け入れて欲しい。「来てくれてありがとう」と何度も。放射能の問題は、これから長く遠い道のりになる。手を差し伸べ続けて下さい。



飯館村出身の画家・渡辺さん。「イノチは繋いでいくもの。それを壊すものに対しては「No!」と声をあげていいはずだ。どうか力を貸して下さい。」3.11後は、「母と子」の絵を描き続けているという。

生後一ヶ月もいかないような乳児。この子は親だけじゃ守れない。皆の力が必要。

福島駅前の線量計は1.24μSvを記録。この汚染レベルに1年間居続けると、被曝量は10.86mSvで国の基準値を遥かに越えてしまう。







■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2012-02-12 12:24 | Others
2011年 12月 04日

伊豆・松崎のナマコ壁

明治時代に建てられた呉服屋。色付いた山を背景に。




2泊3日で西伊豆へ。西伊豆は電車が走っていないせいか、街の景色も派手さは無く長閑な田舎町が続く。空も山も海も広く美しい。

今回は、母の故郷・戸田から南下し松崎市へ向かう。明治から昭和初期まで民家の外壁に多く見られたナマコ壁の修復現場を見学、塗りの体験に。

平瓦の目地を、麻スサ、海藻糊、砂を混ぜて作った漆喰を海鼠の形のように塗っていくところからこの名が付いた。当時、茅葺き屋根が多く、火事になった家の茅の火の粉が飛んできたらしく、延焼防止のためにナマコ壁が生まれたという。

六十代、七十代の職人さんが修復にあたっていたが、若い人の継ぎ手はいないのだそう。

帰り、堂ヶ島の辺りで美しい夕陽。







■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-12-04 17:51 | Art & Design
2011年 10月 24日

由比ケ浜にて





由比ケ浜のSeedless Bar。

目の前にあるのは水平線と夕陽。
今日も一日ありがとう。





■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-10-24 18:01 | my life
2011年 08月 13日

伊東市「按針祭」花火大会


10日夜は、伊東市最大の祭り「按針祭」の花火大会だった。
海岸6カ所から計1万発の花火が打ち上げられたが、見事に綺麗な花火だった。
打ち上げ花火の歴史は、ヨーロッパで13世紀頃から、日本では江戸時代以降に戦に使うのが主だった火薬を火薬屋が花火を扱うようになり広まる。ヨーロッパでは元々は王侯貴族のもの、日本では雨乞いの水神祭などで行われた庶民のものだったと思われる。

今年は慰霊と希望の思いが詰まった花火だった、と私は思う。














■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-08-13 08:06 | Others
2011年 08月 10日

伊東、来る人去る人


1年間過ごした日本を後に、イスラエルに帰るアヤラ。

6日に経済改革を求める市民30万人に依る抗議デモがイスラエル全土で行われた。
おっとりタイプのアヤラは、眉をしかめ「帰りたくない〜」。盗みなど日常茶飯事らしいが日本ではそんなことはない。

出発の朝5時。

また人の流れ、時の流れ。
good luck, ayala. 良いアーティストになってね。















■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-08-10 08:50 | think of.......
2011年 08月 09日

涼風至(すずかぜいたる)


8月8日から12日までは七十二候で「涼風至」(すずかぜいたる)。涼しい風が吹き始める頃。

朝6時半、縁側の扉を開け放つと、一斉に蝉の声。
そう言われてみれば、この時間既にむっとするような暑さだったが、幾らか和らいだかな。

3・11の地震、原発事故から5ヶ月。
今こうして蝉の生を全うするかのような鳴き声を聞き、「命」というものを感じる。
生きている命。
命は希望。


■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-08-09 08:57 | think of.......
2011年 08月 07日

出会い色々


イスラエルから来たアヤラAyala。今伊東のゲストハウスで彼女と部屋をシェアをしている。
彼女は陶芸を学ぶ大学生でこの1年日本中を旅した。そして旅の最後の場所にこの伊東を選び、のんびりしみじみとした時間を味わっている。帰国まで後2日、日本でお世話になった人達への礼状作り。日本語で一言「ありがとう」や「イスラエルで会いましょう」、水彩のデザイン画を添えている。どことなく日本的な画。

半月前までフィレンツェに居り、そして今も旅を続ける自分をアヤラに重ね合わせて考えてみたり。私も創作活動しなくっちゃ。







■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-08-07 10:28 | Nice Trip!!
2011年 08月 05日

Un cappello di paglia


アレッツォの骨董市で買った麦わら帽子。
7月の初めで気温が35度近い日もあり、また陽射しの強いフィレンツェで帽子は必需品だった。
ツバが広く、通気性の良い麦わら製、デザインも好み。
知り合いのイタリア人はフィレンツェが麦わら帽子発祥の地だと話していた。








■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-08-05 08:12 | Art & Design
2011年 08月 04日

花火と日本人


静岡県民は花火好きのようだ。伊東市でもここ何日か毎日のように打上花火があがっている。
江戸初期の駿府城の政治録(駿府政事録)には徳川家康が駿府城(静岡県静岡市)で花火を見たという記録がある。花火については初めて史料に登場するらしく、静岡が花火発祥の地かもしれない。(静岡新聞から)

色鮮やかな火花が松川に映っては消えてなくなる様もまた一興だ。
ふと見物客に目をやる。静かに、ただ静かに眺めている。例えばイタリアだったら、酒瓶片手にピ〜ピ〜指笛を鳴らしたり笑ったり、話し声だけでも賑やかだろう。
それに対し日本人は自分の感情をじっと胸の中で噛みしめる。こんな時だから余計にその姿がいじらしい。








■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-08-04 12:07 | think of.......
2011年 07月 31日

雨の後に(伊東にて)


今滞在中の伊東のゲストハウス縁側から。

昨日の雷雨で、今朝の松川は水かさもかなり増している。
濁った水の中でチャポンと鯉が跳ねる。
水たまりの水を飲むノラ猫。
温泉の湯だって、石ころだって・・。生きている無数のイノチ。
ありがとう。

そして、今日は新月。
全てのイノチとそのシアワセは守られています。
















■  [PR]

# by MIWA_KAMAKURA | 2011-07-31 08:56 | think of.......
2011年 07月 30日

七十二候「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」


7月29日から8月2日迄は七十二候(古代中国で作られた暦)で「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」と言い、土が湿って蒸し暑くなるという意味。
炎暑(えんしょ)は、陽射しが強く焼けるような暑さなのに対し、溽暑(じゅくしょ)は、湿度が高く蒸し蒸しした暑さをさす。(7月30日発行/静岡新聞、お天気欄より)

雨も上がり、予定通り花火大会も行われた。夕方の雷雨で蒸し暑さも無くなり、涼しい。






■  [PR]

# by MIWA_KAMAKURA | 2011-07-30 21:15 | feel the season
2011年 07月 29日

sono in Ito di Izu Penisola, Giappone


伊豆の伊東、松川沿い。
川面に映る行灯が揺らめく。

憂うことも多いけど、
最高に良いことも多い。




















■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-07-29 20:15 | my life
2011年 07月 24日

久々に鎌倉で。


由比ガ浜の朝陽。


いろいろあるけど
この陽と誠実に向き合い、
この陽の中に希望をみる。














■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-07-24 15:43 | my life
2011年 07月 11日

Assisi


ウンブリア州アッシジ。
かつて恋をしたこの街へ再び。

この地で採れる薄い薔薇色の石の家並み、
旧市街を包む聖なる清らかな空気は以前と変わらない。

丘の上の城塞近くに行くと山肌に薔薇色の石が見える。
この石に会いに来たんだ。

またきっと会いにくる。






■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-07-11 05:43 | Love Place !
2011年 07月 08日

フィレンツェの酒屋で立ち飲み


フィレンツェ、チェントロの中央市場近くにある立ち飲みが出来る酒屋。昼から、夕方早い時間から常連客が立ち寄る。ワイン一杯2ユーロ位から。
陽もだいぶ和らいだ午後7時、ゆるりとした時間が流れる。







■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-07-08 17:56 | my life
2011年 07月 07日

la mercato di antiquariato ad Arezzo(アレッツォの骨董市)

今日は賑やか、ヴァザーリの回廊。

古い書物の表紙に見とれる。

こんなものも。

ランチ後のシエスタ。お店の主人。


トスカーナ州アレッツォで月一度開かれる骨董市。(毎月第1日曜開催)
アレッツォ県内や周辺から集まった出店者で旧市街の通りという通りに店が並ぶ。
日本で売られている高いヨーロッパアンティークがわんさか、安く手に入る。
こちらに住んでいれば、家をこんなもので揃えたいと思うものがたくさん。












■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-07-07 04:42 | Nice Trip!!
2011年 07月 05日

フィレンツェ来る人去る人


3ヶ月のフィレンツェ滞在もそろそろ終りつつある。
フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅で。


Persone che vengono a Firenze e persone che lasciano Firenze.
alla stazione Firenze Santa Maria Novella.












■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-07-05 05:36 | my life
2011年 07月 02日

グッビオに伝わるおまじない


グッビオの旧市街、Palazzo del Bargello(バルジェッロ宮)前の噴水で。
噴水の回りを時計回りに3周して、噴水の水で口元を洗う。そうすると幸運が訪れる。
噴水前のリストランテで食事をしていたら、何組かの観光客がそうしているのを見て不思議に思い、カメリエーレ(給仕をする人)に訊ねてみたところ、その言い伝えを教えてくれた。


全ての命とその幸せが守られますように。
大丈夫、守られています。




■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-07-02 19:36 | Others
2011年 07月 02日

Gubbio, Umbria


イタリア滞在2ヶ月半目、今回初のウンブリア州訪問。以前、アッシジとペルージャは訪れたことがあるが、このグッビオは初めて。人口約3万人の街。
フィレンツェから電車で2時間のペルージャまで行き、そこから山道をバスに揺られ1時間ちょっとで到着。Monte Ingino(インジーノ山)の斜面に位置する街で、街の中心には行くには坂道を上る。場所によってはかなりの急坂。
地元で採れるベージュ色の石できた古い中世の家々や城壁、そこに現在住む人々の生活の香りが街並みとなり、私たち訪問者を惹きつけている。







■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-07-02 17:56 | Nice Trip!!
2011年 06月 29日

la luce sacra


信仰している神は特にないけど、フィレンツェに来てからはよく教会へ行く。最近では一日一度の日課となった。
フィレンツェの雑踏から一歩教会に入ると、そこには凛とした空気とクーポラからの光が差し込む聖なる空間がある。


心が乱れたときには
それを正してくれる
無になり
自らをすんなりと省みることができる







■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-29 16:57 | think of.......
2011年 06月 27日

una pietra


フィレンツェから東へ約40km、カゼンティーノ地方の山道で拾った石。
カルシウムをたっぷり含んだ石灰石。堆積した層の断面がきれいだったので、重いけど持ち帰る。日本までは持ち帰れないなぁ。
今は眼鏡置きに使っている。






■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-27 23:25 | with nature
2011年 06月 24日

Una scena della felicità


Cesarinaの首がカクッとなって、眠りに落ちていった〜。

こんな光景を見てふっと和めること。
Cesarinaがのんきに居眠り出来ること。
幸せってこんなこと。
守られるべき幸せ。






■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-24 19:00 | my life
2011年 06月 22日

Tramonto(夕日)


夜8時過ぎ。
フィレンツェ、チェントロ(中心街)に差し込む夕日。

そして何が起ころうとも起こらなかろうとも、時は規則的に刻まれてゆく。












■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-22 22:38 | my life
2011年 06月 21日

il pane fatto a mano


ここのところ、トスカーナの田舎町や有機栽培で育てられた食品や製品のメルカートに朝から出掛けて丸一日という日が多く、ブログに載せる記事ばかりがたまっている。
今日はフィレンツェから40km位のところ、ピサ行きの電車に乗って45分のSan Miniatoの田舎へ出掛けた。Settignanoのメルカートで知り合ったFabrizioのパン工房へ彼の作業を見に行ったのだ。彼はGASという有機野菜などの食品を共同購入するグループにも収めている。
自分の畑で作った小麦を工房で挽き、酵母は小麦で冷蔵保存しないでもよい昔のやり方で作っている。今日1日、生地をこねるところから、寝かせて窯で焼き、お客さんに届けるところ迄つきあって見ていたが、彼は当たり前のことを当たり前に淡々と、そして誠実に丁寧にしているようにみえた。
そしてその味は、味わい深く最高に美味しかった!本当の味。

*毎月第3日曜、フィレンツェ・サントスピリト広場の市場で買うことが出来ます。




■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-21 05:02 | Love Food !
2011年 06月 18日

癒し


気が向いたときだけ部屋に来る。
こっちが来て欲しい時には来ない。
でも何故こんなに可愛いの?
この子の存在自体が全て。
















■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-18 01:26 | my life
2011年 06月 17日

Cibo biologico(オーガニック食品)


今住んでいるフィレンツェのチェントロ(中心街)から少し外れのCampo di Marte駅近くには自然食品店が何店舗かある。前のアパートでキッチンをシェアしていたドイツとフランスのハーフの男の子は、ドイツには自然食品店が多く、スーパーの専用コーナーも大きく取られていると言い、彼はフィレンツェでも有機食品を選んで買っていた。今日買った有機栽培ブドウの赤ワインは€2.9。外葉から食べられるちりめんキャベツ(€0.8)や林檎(€0.4)やパン(€1)は、当然美味い。
いま何故か冒されている食物が多いからこそ、私たちはその溢れている食材の中から知識をもって食べ物を選んでいかなくてはいけない。本来食べ物は身体を作り、細胞の栄養になるものだったはず。

見た目は素敵じゃない今日の夕食。ちりめんキャベツ、茄子のオリーブオイル炒め、レタス、トマト、TOFU、黒胡麻、塩、友人手製の小麦の天然酵母パン。

友人曰く、イタリアのスーパーの野菜売り場は日本ほど大きくない。何故かって、季節の野菜や果物しか置かないから。

知識を持って選んでいこう。












■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-17 04:54 | Love Food !
2011年 06月 16日

Cesarina


滞在先の猫、Cesarina(チェザリーナ、7歳メス)。帰ってくると、部屋のベッドの上で待っている。
いや待っている訳ではなくて、この部屋の元住人Francesca(19歳、今年フィレンツェ大学受験)と仲良しだったんだね。







■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-16 05:42 | my life
2011年 06月 15日

il giardino della rosa


ミケランジェロ広場に上がる途中のバラ園。花はもう終わりつつあるけど、眺望と夕方の風が心地よい。
6月一杯は19時半まで庭を開放している。








■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-15 04:50 | my life
2011年 06月 14日

新たな風


フィレンツェ市内で引っ越し、新しい部屋の窓から。
新たな視点でまたフィレンツェ、イタリアを見ることが出来そう。

昨日、今日と行われたイタリアの原発再開に対する国民投票で、投票率が56.99%となりイタリア国民の原発への関心の高さを示した。また、イタリアANSA通信によると反原発票が94%に達し、脱原発が確定。この風を世界中に広めよう、いや広まった!








■  [PR]

# by miwa_kamakura | 2011-06-14 04:34 | my life


< 前のページ      次のページ >