カテゴリ:Others ( 62 )


2012年 02月 12日

「放射能からいのちを守る全国サミット」@福島

現在、福島市のコラッセふくしまで開催している「放射能からいのちを守る全国サミット」(2月11日・12日)。いま全国に拡がる支援者・支援団体を繋ぎ、課題や情報を共有し、今後の継続的な活動のために一つの大きな力にしようというもの。参加者は6割強が県外から。
私が参加した11日は、県内外の支援者がこれまでの活動事例を紹介。その後、分科会、パネルディスカッションへと続いた。

今福島に留まっている人たちの中には、県外へ出たくても出られない人も多い。そんな方達が福島と向き合い生活していくにはどうしたら良いか、支援者は何をしたらよいのか。一時的な保養も精神的・肉体的にもたらす効果は大きい。特に子どもはそう。
今だけの支援に留めず、今後長きに渡り活動を継続していく為の体制作りなども必要。国が主体となって動く事も必要。
何より、心細いのは現地の人たち。こうしている時間も。そのような人たちと繋がりを閉ざさず、課題を共有していく場作りも継続して必要。参加した福島在住28歳の(本人曰く)女子は「人と繋がる事で救われた」と。

c0088237_1235121.jpg
実行委員長の挨拶。(県外の方へ)今の生活を謳歌して欲しい。そして福島の存在を忘れないで欲しい。受け入れて欲しい。「来てくれてありがとう」と何度も。放射能の問題は、これから長く遠い道のりになる。手を差し伸べ続けて下さい。

c0088237_129527.jpg


c0088237_115686.jpg
飯館村出身の画家・渡辺さん。「イノチは繋いでいくもの。それを壊すものに対しては「No!」と声をあげていいはずだ。どうか力を貸して下さい。」3.11後は、「母と子」の絵を描き続けているという。

c0088237_128828.jpg
生後一ヶ月もいかないような乳児。この子は親だけじゃ守れない。皆の力が必要。

c0088237_12101856.jpg
福島駅前の線量計は1.24μSvを記録。この汚染レベルに1年間居続けると、被曝量は10.86mSvで国の基準値を遥かに越えてしまう。
[PR]

by miwa_kamakura | 2012-02-12 12:24 | Others
2011年 08月 13日

伊東市「按針祭」花火大会

c0088237_1053950.jpg
c0088237_10523071.jpg

10日夜は、伊東市最大の祭り「按針祭」の花火大会だった。
海岸6カ所から計1万発の花火が打ち上げられたが、見事に綺麗な花火だった。
打ち上げ花火の歴史は、ヨーロッパで13世紀頃から、日本では江戸時代以降に戦に使うのが主だった火薬を火薬屋が花火を扱うようになり広まる。ヨーロッパでは元々は王侯貴族のもの、日本では雨乞いの水神祭などで行われた庶民のものだったと思われる。

今年は慰霊と希望の思いが詰まった花火だった、と私は思う。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-08-13 08:06 | Others
2011年 07月 02日

グッビオに伝わるおまじない

c0088237_19271518.jpg

グッビオの旧市街、Palazzo del Bargello(バルジェッロ宮)前の噴水で。
噴水の回りを時計回りに3周して、噴水の水で口元を洗う。そうすると幸運が訪れる。
噴水前のリストランテで食事をしていたら、何組かの観光客がそうしているのを見て不思議に思い、カメリエーレ(給仕をする人)に訊ねてみたところ、その言い伝えを教えてくれた。


全ての命とその幸せが守られますように。
大丈夫、守られています。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-07-02 19:36 | Others
2011年 05月 14日

西日

c0088237_5514072.jpg

1ヶ月滞在したアパートから明日移動する。
直前まで部屋探しに奮闘している。
ま、どうにかなるかなぁ。


Grazie tutti...
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-05-14 05:55 | Others
2011年 05月 01日

Beagle!

c0088237_2131469.jpg

こちらフィレンツェのビーグルもフレンドリーで好奇心旺盛。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-05-01 21:05 | Others
2011年 04月 26日

un'artista

c0088237_4365311.jpg
c0088237_433873.jpg
サンスピリト広場の青空の下が作業場の画家Vittorio君(5歳位)。30分程で描き上げ、買ってくれそうな客に近寄り、如何?と声を掛ける。何人か声を掛けた後私のところへ。「Quanto costa?」(幾ら?)と聞くと「Venti」(20)と言うので、euroじゃないよね?と思って80centesimi(約95円)を渡し、記念撮影。向こうで彼のお婆ちゃんが楽しそうに笑っていた。
立派なアーティストである。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-04-26 04:37 | Others
2011年 04月 12日

sakura咲く

c0088237_1531595.jpg

千鳥ヶ淵の桜も満開。
今年は、華やかさよりも物悲しさがただよう。
落ちていた小枝を拾って持ち帰り、昨年1月に亡くなったいわき市出身の父の遺影に供える。

お酒の好きだった父
いまの東北を憂いながら、あの世で一人花見酒

希望の桜となって欲しい。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-04-12 15:04 | Others
2011年 03月 06日

Step by step

三寒四温の日々が続いています。
今日などは暖かな春の陽気でしたね。
皆さんお元気でしょうか?

しばらく伊豆・伊東の地で、ネットの無い生活を送っています。
山と海と温泉と、美味しい水に恵まれ、しみじみと、そして着実に進んでおります。
目覚めると、朝陽が山から顔を出す前に鳴き始める鳥の声。
近くを流れる川とその音に浄化され、
目を閉じ、漂う花の香りを吸い込む。
陽の光に照らされ、心と身体が満たされる。

またお便り致します。

love, miwa
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-03-06 20:15 | Others
2010年 07月 22日

鎌倉花火大会―2

c0088237_028343.jpg
夕焼け空に花火。

c0088237_0281614.jpg
水中花火と打ち上げ花火の共演。

c0088237_0285239.jpg
最後、連発のクライマックス。
[PR]

by miwa_kamakura | 2010-07-22 00:35 | Others
2010年 07月 21日

鎌倉花火大会―1

c0088237_15563889.jpg
c0088237_15555912.jpg
c0088237_15562276.jpg

落ちていく陽に照らされ海がキラキラしてきました。
今日は鎌倉花火大会。
由比ガ浜沖の打ち上げ台から今一発、開催の合図。海岸にはもう多くの人。
今年はベランダからゆっくりと。
[PR]

by miwa_kamakura | 2010-07-21 16:08 | Others