カテゴリ:think of.......( 28 )


2011年 08月 10日

伊東、来る人去る人

c0088237_8215214.jpg

1年間過ごした日本を後に、イスラエルに帰るアヤラ。

6日に経済改革を求める市民30万人に依る抗議デモがイスラエル全土で行われた。
おっとりタイプのアヤラは、眉をしかめ「帰りたくない〜」。盗みなど日常茶飯事らしいが日本ではそんなことはない。

出発の朝5時。

また人の流れ、時の流れ。
good luck, ayala. 良いアーティストになってね。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-08-10 08:50 | think of.......
2011年 08月 09日

涼風至(すずかぜいたる)

c0088237_856784.jpg

8月8日から12日までは七十二候で「涼風至」(すずかぜいたる)。涼しい風が吹き始める頃。

朝6時半、縁側の扉を開け放つと、一斉に蝉の声。
そう言われてみれば、この時間既にむっとするような暑さだったが、幾らか和らいだかな。

3・11の地震、原発事故から5ヶ月。
今こうして蝉の生を全うするかのような鳴き声を聞き、「命」というものを感じる。
生きている命。
命は希望。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-08-09 08:57 | think of.......
2011年 08月 04日

花火と日本人

c0088237_21351355.jpg
c0088237_21352738.jpg
c0088237_21354514.jpg

静岡県民は花火好きのようだ。伊東市でもここ何日か毎日のように打上花火があがっている。
江戸初期の駿府城の政治録(駿府政事録)には徳川家康が駿府城(静岡県静岡市)で花火を見たという記録がある。花火については初めて史料に登場するらしく、静岡が花火発祥の地かもしれない。(静岡新聞から)

色鮮やかな火花が松川に映っては消えてなくなる様もまた一興だ。
ふと見物客に目をやる。静かに、ただ静かに眺めている。例えばイタリアだったら、酒瓶片手にピ〜ピ〜指笛を鳴らしたり笑ったり、話し声だけでも賑やかだろう。
それに対し日本人は自分の感情をじっと胸の中で噛みしめる。こんな時だから余計にその姿がいじらしい。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-08-04 12:07 | think of.......
2011年 07月 31日

雨の後に(伊東にて)

c0088237_8461882.jpg

今滞在中の伊東のゲストハウス縁側から。

昨日の雷雨で、今朝の松川は水かさもかなり増している。
濁った水の中でチャポンと鯉が跳ねる。
水たまりの水を飲むノラ猫。
温泉の湯だって、石ころだって・・。生きている無数のイノチ。
ありがとう。

そして、今日は新月。
全てのイノチとそのシアワセは守られています。
[PR]

by MIWA_KAMAKURA | 2011-07-31 08:56 | think of.......
2011年 06月 29日

la luce sacra

c0088237_604277.jpg

信仰している神は特にないけど、フィレンツェに来てからはよく教会へ行く。最近では一日一度の日課となった。
フィレンツェの雑踏から一歩教会に入ると、そこには凛とした空気とクーポラからの光が差し込む聖なる空間がある。


心が乱れたときには
それを正してくれる
無になり
自らをすんなりと省みることができる
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-06-29 16:57 | think of.......
2011年 05月 08日

フィレンツェの町外れで

c0088237_420597.jpg
賑やかな市街地を少し外れた高台へ。鳥の声が近くなる。日陰では草いきれのむっとした匂い。



どこに行ってもどこに居ても自分は同じ。
幸せは自分のなかにある。
そして、
いつでも誰でも常に新しい世界を創ることができる。

peace.
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-05-08 04:59 | think of.......
2011年 04月 29日

Buon gusto

c0088237_4313325.jpg
c0088237_4282983.jpg

フィレンツェ市街では凡そ5坪位の小さな商店やオフィス、工房をよく見かける。
そんな小さな商店は所狭しと色んなものをうまく並べ、且つ格好よくディスプレイしている。
その美的センスたるや、天性のものなのか。盗み取りたいものの一つ。


*写真は近所の鞄屋兼工房。奥では年配のご主人と雇われ見習いの若い職人が脇目も振らず作業している。心地良さそうな音楽がかかっているからきっと鼻歌まじりで気分よく作業していると思われる。良い職場環境。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-04-29 05:15 | think of.......
2011年 04月 25日

ミケランジェロ広場まで

c0088237_1435762.jpg
丘の上の広場から。


こちらに来ても早起きの習慣は変わらず、初めての週末少し寝坊して6時にベッドを出る。簡単に豆と野菜のスープを作り、パン、ミルクティーの朝食。折角の休みだからササッと仕度をして散歩に出てみる。天気は曇りで地面は濡れている。

観光客でごった返すポンテベッキオ近くはそそくさと歩き、早くアルノ川が見えるところまで行きたい。視界が開けるとホッと息が抜ける、呼吸が出来る。川沿いはちょっと歩く速度を緩めて。
川沿いからミケランジェロ広場へと続く坂道は、大きなお屋敷の木や花、鳥たちの歌声に浄化され徐々に自分の五感が戻ってくるのを感じる。

広場の石段に腰掛け、しばらくしばらく。
これからなんだ。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-04-25 03:21 | think of.......
2011年 04月 18日

今日は満月

c0088237_52121100.jpg

陽気も良くなり観光客で夜の街も賑やか。
ポンテベッキオ橋からの満月。

peace.
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-04-18 05:21 | think of.......
2011年 03月 28日

wish peace

c0088237_13415698.jpg
3ヶ月ぶりに鎌倉へ。

皆不安な気持ちを抱えたまま過ごしている。
でも今やれることをやって、少しでも状況や人の気持ちが良い方向に向かってくれればと願っている人たちが動き始めている。
昨夜はカフェ麻心(長谷)でも三線ライブがおこなわれた。
三線と澄んだ歌声だけ。質素だけど心に響く。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-03-28 13:54 | think of.......