カテゴリ:Love Restaurant !( 5 )


2008年 03月 01日

残念・・・まめ狸

また貴重な店が無くなってしまう。32年間営業していた由比ケ浜通りの居酒屋「野生 まめ狸」が3月8日(土)で店を閉じてしまうという。
店構えからも分かるように、もう土地に染み付いたような店だった。そして酒飲みにはたまらなく使い勝手の良い店だった。肩の力を抜いてくれる雰囲気に、私はここで授業の相談などをよくパートナーにしていた。

c0088237_22463370.jpg
皆で店との別れを惜しむ。
[PR]

by miwa_kamakura | 2008-03-01 23:21 | Love Restaurant !
2008年 02月 29日

地元民の食卓

いつも我々の胃袋を満たしてくれるお店ラ・ジュルネが今日まで10日間休んでいる。
その間、店の前の植物が気になり、パートナーの空いた酒瓶に水を入れやりにいっていたが、前半晴れの日が続いていた時にさぼっていたので、サボテンやローズマリーがすっかり元気をなくしてしまった。
水やりをしている間、何人かのお客さんが店の前まで訪れて、休みだと分かって帰って行く姿を見た。
明日から営業再開で地元民も植物も嬉しい。

c0088237_1025304.jpg
証拠写真(^^)
[PR]

by miwa_kamakura | 2008-02-29 10:26 | Love Restaurant !
2007年 09月 29日

飲食の仕事

飲食の仕事は本当に難しいと思う。いや、難しくしてしまっているようにも思える。
純粋に、料理を作るのが好きで、上手に丁寧に作れて、なおかつ人に食べさせもてなすのが好き、そしてその誠実な気持ちと仕事の水準を(多少のブレはあってもある水準には達していて)ずっと維持できる人が従事すれば、客にはそれなりに伝わるものだ。立地や市場の流れがどうのとかいうより前の、価格やターゲットに合っているかということよりも深いところの話しとして。
でもどうして今こうなっていない店が多いのだろう。そういう店には当然客も少なく、でも店では「何でお客さん来ないんだろう」と頭を抱える。一番根本のところと、少なくとも出迎えと見送り時にお客さんに笑顔を送れているかどうかを振り返ってみて欲しい。


c0088237_11353454.jpg
※記事の内容と写真は関係ありません。
[PR]

by miwa_kamakura | 2007-09-29 12:09 | Love Restaurant !
2007年 09月 12日

嬉しい寄り道

鎌倉・大町に使い勝手の良いレストランが出来た。フレンチの食堂(ビストロ)なのだが、夜はお客さんそれぞれが好きなスタイルで飲み食い出来る。しっかり食べても、軽く食べても、飲むだけでも良い。こういったスタイルは、フランスやイタリア、スペインなどでは普通にあると思うが、日本にはなかなかない。高級フレンチで、併設のバーで食前酒を飲み、それからテーブルに案内され食事をする、なんていうのはあるが、私達が欲しいのは日常的に使える店だ。
これからフラッと寄ることが増えそうだ。

c0088237_0224154.jpg
横のお客さんの「砂肝のコンフィ」。素晴らしく美味しそうな照り。今度是非頂きます。


c0088237_02338.jpg
カウンターでキールを一杯。目の前では忙しそうに働くシェフ。


いい気分で由比ガ浜通りから家路に。そろそろ手作りコロッケが恋しくなってきた例の居酒屋の暖簾は、やっぱり店内に向かって「いらっしゃませ」の文字だった。
[PR]

by miwa_kamakura | 2007-09-12 00:41 | Love Restaurant !
2007年 05月 09日

ナポリのリストランテ

ナポリの下町スパッカ・ナポリ近くのリストランテ。
「リストランテ」と言えば、中級〜高級レストランのことと理解している。それなりの雰囲気でゆったりコース料理でも、と想像する。しかし、このリストランテはひと味違った。
私達がこの店に入った時間が19時位で、ヨーロッパの夕食時間にしてはまだ早かったからか、客層は幼い子供を連れた夫婦や女性グループが主で、注文するものは皆同様に一人一枚のピッツァ。そして食べ終わると早々に帰ってしまうといった感じ。ボトルワインに前菜、パスタ、メイン・・・などという食事する客は、21時過ぎからの入店か、私達のような観光客だけだろう。こちらの人は皆自分の都合や状況にあわせて、うまく外食の場を利用しているようだ。
また、驚いたのがテーブル間の距離。狭いところで40cmくらいのところも有り、日本のリストランテの半分以下。椅子を引いたらまず後ろの人の椅子に当たる。でもそのおかげで、否が応でも後ろの客とのコミュニケーションが生まれる。
日本の飲食店設計の既成概念を崩すようなこのテーブル間の距離、スタッフがサーヴする幅は確保した上で、日本で試してみるのもおもしろいかもしれない。
ナポリの自由なリストランテ、悪くない。

c0088237_19271898.jpg
c0088237_1435071.jpg

[PR]

by miwa_kamakura | 2007-05-09 00:15 | Love Restaurant !