カテゴリ:Love Place !( 26 )


2011年 07月 11日

Assisi

c0088237_53945100.jpg
c0088237_5392195.jpg
c0088237_5385563.jpg
c0088237_5401137.jpg

ウンブリア州アッシジ。
かつて恋をしたこの街へ再び。

この地で採れる薄い薔薇色の石の家並み、
旧市街を包む聖なる清らかな空気は以前と変わらない。

丘の上の城塞近くに行くと山肌に薔薇色の石が見える。
この石に会いに来たんだ。

またきっと会いにくる。
[PR]

by miwa_kamakura | 2011-07-11 05:43 | Love Place !
2009年 01月 19日

今日の由比ケ浜

今日は日中の気温が18℃もあり、南風が暖かい。波はやや高め。
c0088237_15215443.jpg


Micのロン毛、ではなくロン耳がなびく。
c0088237_1522189.jpg


「今日の昼飯は魚にしよう」低く降りて来るトンビ。
c0088237_15224465.jpg


砂浜に鏡餅(の入れ物)。
c0088237_15263162.jpg


砂浜に薔薇の花束。
c0088237_15265912.jpg

[PR]

by miwa_kamakura | 2009-01-19 15:32 | Love Place !
2009年 01月 18日

路地で

長谷駅近くの民家から路地に大きく伸びるクロマツ。
どういうわけでこんな風に曲りくねってしまったのか分からないけど(180度方向転換)、このうねりがとても迫力で、通る度に感心してしまう。
c0088237_2393694.jpg

[PR]

by miwa_kamakura | 2009-01-18 00:46 | Love Place !
2008年 12月 10日

実家にて

卒業制作も一段落したので雪谷の両親に会いに行く。私は歳がいってからできた子だったので2人共もういい歳。でも、母は老人ホームでボランティアなどしたり、父も日課の散歩に読書とのんびりやっている。帰ってひとわたり話しをすると、あとはもうあんまりすることが無い。
近所の子供の頃よく遊んだ公園に散歩に出た。遊具も30年前のものがそのまま残っている。思い出のある場所が変わらずにいてくれるのは嬉しい。
公園に併設された野球場。悩みがある時にはここに来て、誰もいないグラウンドをぼうっと眺めたりした。そのうち「悩んでいても仕方ないな、帰ろ帰ろ」ってな感じだった。

c0088237_10171092.jpg

[PR]

by miwa_kamakura | 2008-12-10 10:23 | Love Place !
2008年 03月 04日

コッツウォルズ

ここも忘れられない街のひとつ。
ロンドンから北西200kmのところにあるコッツウォルズ。ここには小さな村が幾つも点在する。ハニーストーンと呼ばれる蜂蜜色の石で作られた家々や、セメントを使わず積んだだけの石塀、村と村を繋ぐ広々とした牧草丘陵地では羊や馬と挨拶ができる。
この美しい土地に暮らす人々は、本当に穏やかで豊かに暮らしているといった様子だった。
商店の主人は常に鼻歌(には収まらないほどの大きな鼻歌)を歌っていたり、パブでは明るく人なつこい地元民の調子にいつしか引っぱり込まれていたり。民家の窓からちらっと見えた中の様子は、暖炉の前で老父と息子らしき2人がゆったり椅子に腰掛け火にあたる姿だった。
「豊かな暮らし」の1つとして、それは決して「裕福」というわけではなく、その土地で家族とともに働き、その土地で穫れたものを食べ、という実にシンプルで地域に密着したものだった。それは土地も人の心も豊かにする暮らしだった。

c0088237_810725.jpg
おとぎ話しの世界に迷い込んでしまった人、という感じのパートナー。川に流されてしまった傘を追いかけている。

c0088237_8102223.jpg
c0088237_0211652.jpg
c0088237_895227.jpg
c0088237_893321.jpg
c0088237_021184.jpg
泊まったインの部屋の窓から。街灯のオレンジと雨降り後で流れの速くなった川の音が心地よく、いつまでも眺めていたかった。
[PR]

by miwa_kamakura | 2008-03-04 08:52 | Love Place !
2008年 02月 26日

これって恋?

昨年1月に訪れたイタリア中北部のアッシジ。
滞在していた旧市街は、道も家もこの土地で採れたサーモンピンクの石造り。澄んだ空気と穏やかな風、サン・フランチェスコ大聖堂からの慎み深い鐘が街を包み込んでいた。
私達もその中にすっぽり包まれ、すぐにこの街に魅了された。
思い起こすと、今でもそこにいた感覚が蘇ってくる。何だか恋に似た切ない思い。

c0088237_23355622.jpg
c0088237_23343498.jpg
c0088237_23364080.jpg
c0088237_23353079.jpg

[PR]

by miwa_kamakura | 2008-02-26 00:05 | Love Place !
2007年 10月 07日

Daisy's Cafe

ここはMicの好きなカフェ。Micがまだ小さな頃から連れて来ていて、店の犬Duca(デュカ)と遊んだり、他のお客さんが連れてくる犬と遊んだり、Micにとっては他の犬との交流の場でもあるのだ。
散歩中寄る予定が無くてもMicに店の方へぐいぐい引っ張られ、「じゃあお茶でも」となったり。
今日も、買物へ行く時に「入ろう」とねだられたので、その帰りに。


c0088237_10465888.jpg


c0088237_10464174.jpg

[PR]

by miwa_kamakura | 2007-10-07 11:07 | Love Place !
2007年 09月 27日

ラヴェンナの街

これはイタリア北部・ラヴェンナの旧市街の一角にあるカフェ。滞在中の3日間、何度もこのカフェの前を通ったが、昼間は地元の老人達で、夕方以降はそこに会社帰りの男女が加わりいつも賑わっていた。
古い歴史や文化、芸術を持つこの街の人びとは、それを今なお守り続けている誇りや街を愛する気持ちがあるのだろう。その気持ちに応えるかのように、街が生きている、という感じがした。
都市計画や街づくりの専門家がいくら形だけ作っても、そこに住む人たちが街を愛し活き活きと生活していないと、その街は生きてこないようだ。


c0088237_0353769.jpg

[PR]

by miwa_kamakura | 2007-09-27 00:49 | Love Place !
2007年 09月 08日

甘縄神明社祭礼

明日9日(日)は長谷の鎮守である甘縄神明社(724〜739年創建)の例祭。
本祭りの前夜である今夜は宵祭り。この辺りに出店が並び、賑う。


c0088237_10512493.jpg

[PR]

by miwa_kamakura | 2007-09-08 12:35 | Love Place !
2007年 09月 01日

また来年!

昨日8月31日で海の家の営業も終わり。今日撤去される。
あいにくの天気で夕方からは雨も降り出してしまった。雨だけど最終日だから、とついさっき店を開けたというBeach Barで今年最後の一杯。
Micの散歩でほぼ毎日浜辺を歩き、顔なじみとなった店の人たちとは挨拶を交わすようになり、話しをするようになった。その人たちと会えなくなると思うと少し寂しい。
また来年きっと会いましょう!


c0088237_22455551.jpg

[PR]

by miwa_kamakura | 2007-09-01 09:00 | Love Place !